現状有姿の例外

築年数が経 っており、人が住 み続けている中古住宅は、「現状 有姿」での引き渡しが基本とな る。現状有姿とは、 今現在あるが ままの状態で引き渡します々とい うこと。つまり、壁のヒビといっ た建物自体の傷み、給湯器など 設備の傷みなどもそのままの状 態で販売するということだ。こ れは契約書にも 「引渡条件」とし てきちんと明記されており、貫主はその内容を理解したうえで 購入する必要がある。 ただし、現状有姿が原則とはい え例外もあり、たとえば登記簿上 の内容と土地の面積が異なる場合 などは、実測したうえで精算する というケースも 。また、中古住宅 の取り引きには「暇庇担保責任」と いう取り決めにより、引渡後、契 約時にわからなかった重大な畷庇 (欠陥・不具合 )が見つか った場合は、 契約内容に従い売主が不具合を 直してくれる場 合もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です