• 中古マンション

買い換え物件

「早く売ってしまいたい!」が売り主のホンネ

売り事情のパターンをいくつか、まず「買い換えのために売る」という場合を見てみましょう。このケースでは、割安で買えることが多くなります。

売り主にとって「買い換える」とは、「新しい住居を得る」ということです。それには、今住んでいる自宅を売ってお金を作る必要があります。最低でもローンを清算してしまいたいところです。ローンが残れば、新居のローンと二重に借金を背負うことになるからです。残金が出て、新居の頭金にできたら理想です。とはいえ、売れてくれないことには話になりません。ヘタに高値をつけて、いつまでも売れないより、多少安くても売れて現金が入ったほうがマシです。

このように、売れることを最優先した結果、売り主は希望の売値を下げてくる可能性があるのです。また、たいていの場合、自宅を売るときにはまだそこに住んでいるものです。これは、相当ストレスがたまります。というのも、「家を見たい」という人が現れるたび、部屋を掃除したり、待機していなくてはならないからです。その繰り返しに疲れてしまい結果的に、「買い手がついたら交渉に乗ろう」と考えるようになります。

住んだまま一戸建てを売却したことがあります。仲介業者は7290万円の査定価格を出してくれましたが、最終的に6400万円で売却しました。しかし、売却にかけた期間は1ヶ月だったので、あまり神経を使わずにすみました。これはこれでよかったのだと思っています。

このように、買い換えのために自宅を売るという場合、売り主の立場は決して強くはありません。買い主は多少強気に出て大丈夫です。ねばり強く交渉して、できるだけ安く買えるよう努力してください。