積極的に業者に聞かないとまわってこない

金融機関は住宅ローンの貸し出しをするとき、物件に対して「抵当権」を設定します。何らかの理由で6ヶ月以上返済が滞った場合、これを行使します。具体的には、競売にかけて現金化するということです。しかし、これだと、残債に比べてはるかに少ない金額しか取り戻せません。しかも時間と費用がかかりすぎます。そこで、弁護士などに間に入ってもらい、不動産の仲介業者を通じて、市場で売却するという方法があります。

これを「任意売却」と言います。任意売却なら、競売よりは若干有利な価格で売ることが可能です。とはいっても、早く売らなければならないので、市場価格よりは安値になります。

買い手にとっては非常に有利と言えるでしょう。ただし任意売却の情報は、住宅ロ-ンを貸している金融機関や、その顧問の弁護士などから、「売りに強い」不動産業者に真っ先に伝わります。

業者はそれが大幅に安ければ買い取って再販します。中途半端な価格の場合は、一般の仲介物件として相場より安く市場に出します。この情報は、待っているだけでは、なかなか私たちまで伝わってくることはありません。積極的に業者を訪ねることが大切です。もし、「任意売却の物件があるんだけど・・・」という情報があったら、ぜひ検討したいものです。

物件の内容にもよりますが、相場より大幅に有利に買えれば、それはまさにラッキーだからです。